このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウンセルクリームはアトピー肌でも使えるの?

 

アトピー肌イメージ画像

 

アトピー肌の方は、かゆみになやまされますよね、このかゆみは肌のバリア機能が低下しているからです。かゆみがあれば、かゆい肌をかきむしってしまいます、すると傷となりアトピーが悪化します。

 

 

ポイントは、かゆみが出にくいようにする事が大切です、それには毎日の保湿が大事になります、それには保湿機能の優れた化粧品などがおすすめです。

 

 

保湿機能の優れたものはバリア機能を高めてくれます、水分維持の優れた成分と言えばセラミドなどがあります、そのためセラミド入りなどの商品がアトピー肌のかたにはお勧めです。

 

クラウンセルクリームは水分維持の優れた成分セラミド配合

 

クラウンセルクリームの優れた保湿力

 

  • 保湿力に優れた人型セラミドを配合
  • 人型セラミドを配合なので細胞間脂質の水分保持力が高い
  • バリア機能を高めて保湿時間が長く続く
  • アルファーリノイン酸が肌コンディションを整えます
  • 水分保持に優れたヒアルロン酸を配合

 

クラウンセルクリームの全成分

 

水、セタノール、BG、ラウロイルグルタミン酸ジ、 オクタン酸セチル、グリセリン、トリオクタノイン、 ペンチレングリコール、PCA-Na、セラミド3、ムコールシルシネロイデス油、トコフェロール、 キサンタンガム、ヒアルロン酸Na、ヒドロキシステアリン酸コレステリル、水添レシチン、 ステアリン酸ポリグリセリル-5、ジメチコン、 バチルアルコール、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

クラウンセルクリームは、最初はアトピーなどの人でも安心して化粧品を使えるように医療向けで作られ、サロンでも人気の商品です。

 

クラウンセルクリームの画像

 

クラウンセルクリームはアトピー肌でも安心?

 

アトピー肌や乾燥肌の人はセラミド不足ということが良く言われています、クラウンセルクリームに含まれている人型セラミドは肌の内側に作用してお肌を守ってくれます。セラミドが浸透すると、水分を保持し肌本来のバリア機能を高めます。

 

 

お肌は、本来角質細胞と細胞間脂質で構成されていますが、現在の化粧品は角質細胞の保湿のみに力を入れています、しかし、角質細胞のみを保湿しても、お肌の奥は乾燥しやすい事が分かって来ました、そのため細胞間脂質にも保湿が必要だったのです。

 

 

細胞間脂質は、水分を含んでとどめ角質細胞内の水分の蒸発を防いでくれるもっとも大切な成分となっています。クラウンセルクリームは、その細胞間脂質の保湿に特化したクリームなのです。

 

 

特別に配合された成分配合によって細胞間脂質の保湿に作用する化粧品は、現在クラウンセルクリームのみと言われています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加